どっちが悪いかわからんけどね

こんにちはあたいです。

昨日のニュースでスキー事故を見ました。
小6年と38の男性と接触し、小6少女が死亡されたそうです。

うちの子も丁度同じなので、他人事ではないですね

実際我が家もスキーに行きますが、岐阜県あたりですと
若者に人気のゲレンデは危なすぎて行けません;;
何年か前に行った時は、ガスが出てるにもかかわらず
トップスピードで滑降してる人が多いこと。。。。。
あれってとっても危ないです。

途中で子供達を待ったりしていると、再度滑り出すことができないくらい
狂気を感じるスピードでした。
それ以来、若者に人気のゲレンデには行かないようにしてますが
先日行った八方でも、結構危ない人多かったです。

私はボーダーですけど、安全に滑ることと、子供を見ながら滑ることを
常に心がけています。。。が、それでも予想できないことも多いです

スノーボードはコントロールを失うことがよくあります。
思ってもみないところへ曲がったり、特に板が麓に向いている時は
制御できないスピードになりますから、エッジを効かせることが重要なんですけど
時々自分の腕を過信した、馬鹿がいるのでそのまま強引に膝も曲げず
突っ張った足で無理にターンする人いますけどね
あれって曲げられませんよ、リフトで見てるとよくわかるけど
制御できないのは、思ってる以上に膝が突っ張ってる人ですね
そのうちコケるよって子供に言うと、必ずこけてるしw

それなのに、スピードは一丁前
あかんでしょそれ

スキーヤーに関しても言えますよ、リフト乗り場手前まで
トップスピードでくる人多いです。

馬鹿なんじゃないか?と思いますね
リフト待ってると恐ろしい時あります。
スキーやスノーボードは凶器ですから
滑る時の心がけは、路上で車を運転してる時と同じくらいに
思って欲しいものです。

子供が初めてスキーをした時は、まずスクールに入れました
それから滑られるようになってから、私と夫で
いろいろ注意点を口が酸っぱくなるまで言い続けてます。

できるだけゆっくり滑ることと、あまりゲレンデの端から端を使わない
止まる時はできるだけ端っこの方と子供にも言って聞かせてますが
自分だけ気をつけていても、どうにもならない時があります。

ボーダーが自分の実力以上のスピードで滑降してくることもあれば
スキーヤーの団体が、所構わず直下降で降りてくることもありますし
無理な追い越しをされることもあります。

この前行った時は、娘が真横で雪を思いっきりかけられました。
ボーダー、スキーヤーどちらにも言えることですけど、子供は社会において
弱者です、もちろん初心者のスキーヤーがいれば、そこそこ滑れる人は
気をつけてスピードダウンするほどの、心がけをして欲しいですね。

いつでも自分がすぐに止まれる、進路変更できるとは限らないですから。。。

最近特に気になりますが、子供に対して注意がなさすぎる!
予想を通り越した行動をするのが、子供ですからね
大人なら、いろんなことに気を配れるのが当然と。。。。

なので、子供を連れて行く際には必ずヘルメットなどを着用する方が
安全かと思いますね。

どっちが悪いじゃなくて、お互いに気をつける、それだけでも
十分事故は防げるんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いたましいですね

ただ、、、
いくら気を付けてコースの端を滑っていても
そこに突っ込んでくる初心者もいますからW

意図しないターンをされた他人を避けて木に激突しそうになったりw
初心者に後ろから突っ込まれ
板で頭をけられて血だらけになったこともありますw

コースは絶対に分けるべきだと思います

テツさんへ

> いたましいですね
>
> ただ、、、
> いくら気を付けてコースの端を滑っていても
> そこに突っ込んでくる初心者もいますからW
>
> 意図しないターンをされた他人を避けて木に激突しそうになったりw
> 初心者に後ろから突っ込まれ
> 板で頭をけられて血だらけになったこともありますw
>
> コースは絶対に分けるべきだと思います

そうなんですよね
後ろから来られたら、注意しようがないです。
だから子供と一緒に滑ると、気つかって余計疲れるw

コースは分けたほうが私もいいと思います。
ただ、、、関西人の多い東海地方のゲレンデは
所構わずトリックするアホがいるので
ボーダーと一緒にされるのも嫌です!
プロフィール

あたい

Author:あたい
すっかりゲームから足を洗いましたw

時々STEEPしてますが、目が追いつかない;;
新しい家族、柴犬っ子がやってきて
毎日楽しくしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR